塩尻高等学校

  • 資料請求
  • 説明会予約
  • サイトマップ
  • アクセス

教科観

まったく新しい視点で、すべての教科を再構築しました。

都市大塩尻では、平成26年度からの新しいスタートにあたり、各教科の「教科観」を新たな視点で再確認。
教科ごとの役割と養成目標を明確化し、どのような観点から指導していくかを大局的にまとめました。
そして、この「教科観」を、教科ごとの教諭全員が共有することで、一貫してブレのない教育を可能としています。

探求“プロジェクトマネジメント能力”などの21世紀型スキルを育成

広く社会に目を向けた問題発見能力、その問題を仲間と協働して解決し発信する力を育みます。基礎学力の習得、問題解決型グループ学習、研究成果発信の3つのステージに沿って、発展的に学びを深めていく“知の種まき”を行います。

国 語グローバル社会に生きる人間としての論理的思考と自己表現能力を養成します。

河西教諭語文章を読むことで、我々が日常見聞きし、思考し、表現する言語であるところの日本語を、語彙レベルからていねいに理解を進めていきます。また、語句のつながりや文章の構造までを読み解くことにより、情報を正確につかむ力、自らの思考を自らの言葉によって正確に表現できる力、論理的思考能力、自己表現能力を養います。この訓練の積み重ねが、大学進学を視野に入れた学習につながります。

地歴・公民国際社会の一員として生きるための教養を幅広く学習します。

萩原 義正教諭日本や世界の国々の歴史および生活・文化の地域的特色について理解と認識を深め、グローバル社会の一員として必要な資質を養っていきます。また、人間としての在り方、生き方についての自覚を促し、一般社会における物事の因果関係などを多角的・多面的に捉えることができる力を身に付けます。もちろん、センター試験をはじめとした大学受験を意識し、それに対応した学習を展開します。

萩原 義正 教諭
地歴・公民では、めまぐるしく変化する社会に対応できる人材を育てるため、自分自身で考え、判断し、行動することを重視しています。広い視野をもたらす地理、物事の判断基準となる歴史、現代社会を包括的に知るための公民。これらをバランスよく学んでいきます。

数 学「考えるプロセス」を大切にします。 ~基礎基本の確実な定着と応用力の育成~

大塩 美保教諭数学は考える教科です。公式を暗記して適用するだけでなく、様々な試行錯誤の中から生まれる気づきを蓄積し、論理を組み立てていくことが大切です。本校では「考えるプロセス」を重要視し、基礎を確実なものにしてから、どんな入試問題にも対応できるような応用力を養成します。苦手意識を持ちやすい分野については時間をかけて学び、センター試験をはじめとする大学入試において高得点を目指します。

大塩 美保 教諭
数学は、公式や定理に問題を当てはめる学問のように思われがちですが、しかし、それだけでは解けない問題に出会ったときはどうしますか? 数学は考える学問であり、本校ではそのプロセスを大切にしています。だからこそ、数学が楽しくなるんです!

理 科実験・観察をもとに原理・法則を確実に理解し、科学的に探求する能力と態度を育みます。

矢部 仁教諭実験や観察といった「手を使い、頭も使う」取り組みを大切にしています。その過程の中で、「そのような結果が得られるのはなぜか」について考察し、科学的に探求する能力と姿勢を育みます。また、図や表を「題材」にすることも重要であると考え、現代の社会で必要とされる資料読み解き能力を身につけます。その上で、物理・化学・生物・地学それぞれの分野について、大学受験の準備を万全にします。

矢部 仁 教諭
空はなぜ青いの? 太陽はなぜ燃え続けるの? 命はどこから来たの? 世の中には不思議なことがあふれています。それについての「なぜ?」「どうして?」から始めましょう。そして実験や観察を通じて、科学的な探求する姿勢を身につけていきましょう。

英 語音読とシャドーイングで、受験学力に必要な内容理解や語彙・文構造の知識を着実に学習します。

小林 昭憲教諭英語を学び、基礎基本を身に付けておくことは、今の世の中を生きていくうえで大きな手助けとなります。語彙や文構造の知識を深めて、単語や語句のまとまりから長文へと段階を踏んで学習、4技能(読む・書く・聞く・話す)をバランスよく身に付けます。また、ALTとの積極的な対話を通して、「使える」英語を身に付けられるよう授業を工夫しています。

小林 昭憲 教諭
世界中の数多くの言葉でも、「英語」は人々をつなぎ、世界をつなぎ、私たちが生きる世界を広げてくれる素晴らしいツールです。「英語『を』学ぶ」から、「英語『で』学ぶ」「英語『で』考える」へ。それが本校英語科の目標です。

保健体育強靭なる「こころ」と「からだ」、そしてチャレンジ精神を養います。

高橋 裕之教諭「保健」においては、明るく心豊かな生活を送るには、健全な身体と精神は必要不可欠であるという考えのもと、「こころ」と「からだ」のバランスに配慮した指導を行います。また「体育」においては、様々な種類のスポーツを採り入れます。その中で、単に体力や技能を身につけるだけでなく、助け合いやフェアプレー精神を学び、グローバルリーダーにふさわしい、積極的にチャレンジする姿勢を育てていきます。

高橋 裕之 教諭
運動が不得意でも、成績とはまったく関係ありません。スポーツに対する取り組みの姿勢、周囲との協調性、責任感を持って実践すること、公正さと規律を尊ぶ態度、こうしたことこそが保健体育科で評価されるものであり、また本校で育てたい資質なのです。

芸 術創造性豊かな人間を目指して、感性を磨きます。

芸 術「芸術」に親しみを持ち、愛好し、表現活動を心から楽しめる心を育てることを目的としています。「音楽」では、聴く力の重要性を踏まえ、リズム学習による集中力、反射能力を高める授業を展開するとともに、「教養としての音楽」を身につけるため、音楽がつくられた歴史的背景を学びます。「美術」では、「自ら考え、主体的かつ意欲的に創造活動に取り組むことができる能力」を養えるよう、授業を展開していきます。

家 庭生活そのものを学びの対象とし、自身の人生を豊かに創りあげる主人公を育てます。

倉島 潤子教諭家庭科では、衣食住や消費など、生活の在り方を学び、体験や実習を通して、基礎的・基本的な生活技術を修得していきます。また、家庭や地域社会と協力しながら、意思決定能力を育てるとともに、自らの生活を豊かにデザインし、自らの人生を創造していくための方策を学びます。「命の重み」を理解し、「人と人との絆」を大切にできる人材を育て、一人ひとりの卒業後に寄与できる授業を展開します

倉島 潤子 教諭
「10年後のあなたはどんな生活をしている?」「仕事は?」「結婚は?」「子どもは?」―。人として「生きること」を真剣に考え、将来を自分が思い描いたものにしていくために、今、自分に必要なスキルは何か、ともに考え、生きる力をかたちづくっていきましょう。

情 報ユビキタスネットワーク社会の中で生きる情報リテラシーを育成します。

長﨑 教諭私たちをとり巻く情報社会は急速に進歩しており、情報機器の取り扱いやネットワークへの対応が不可欠となっています。情報科においては、基本的なアプリケーションの取り扱いや実習を通して、実効性のある情報の取り扱い方を学ぶとともに、情報社会で生きるモラルを身につけていきます。ユビキタスネットワーク社会の中で活躍する人材にふさわしい情報リテラシーを養成します。

説明会学習会予約

東京都市大学塩尻高等学校公式facebookページ

平成26年度卒業生 大学進学実績

平成26年度卒業生 就職実績

1年生からのメッセージ

学校案内無料配布中

入試システム

募集要項

卒業生の皆さんへ

保護者の皆さんへ

かしわ会同窓会コミュニティサイトへ

緊急連絡

特別奨学生入学試験問題