特別選抜類型 探究コース

新たな価値を生み出す高大連携教育を展開。

特別選抜類型探究コース

探究コースとは

憲章

  • 私たちは、未来を切り拓くたくましい創造力と、品格を育むことをめざします。
  • 私たちは、問題の解決や探究活動に、主体的、協働的、創造的に取り組むことをめざします。
  • 私たちは、個を知り、個を磨き合い、確立した個となることをめざします。

上記の憲章を合言葉に、2017年度スタートした探究コースでは、東京都市大学教授陣と本校教員との協働による、グローバルリーダーの育成を展開します。付属校としてのメリットを最大限に活かして次世代のリーダーに必要なスキルを修得し、英語でのプレゼンテーションなど国際的にも通用する人材を育成します。


探究コースの構成イメージ

探究コースの理念

リーダーシップ

深い知識と高い意欲を持って東京都市大学に進学し、ゼミや研究などでリーダーシップを発揮できる人材を育成します。

創造力

グローバル社会に貢献するための、新たな価値を創造できる力を育みます。その基礎となる知識を習得し、探究心や思考力を育みます。

英語力

ハイレベルな英語力を基本とした、国際コミュニケーション力・プレゼンテーション能力を養います。

分析力

自らの考えにゆるぎない信念を持ち、自らを多角的に分析して振り返る力を育みます。

東京都市大学の教授陣と協働。
“プロジェクトマネジメント能力”などの21世紀型スキルを育成します。


探究コースの特色

高大連携教育を展開し、将来のグローバルリーダーへ

東京都市大学の教授陣と本校の教員との協働による、グローバルリーダー育成プログラムを展開します。コース独自の新教科「創造と探究」を設置。東京都市大学の教授陣が、研究テーマの設定や研究の進め方を生徒に指導し、その成果を評価します。5教科の「総合力」を養い、広く社会に目を向けた問題発見能力、その問題を自ら解決し、発信する力を育みます。

高大連携によるグローバルリーダー育成プログラム

未知の分野や困難な課題に挑戦するマインドやリーダーシップ、そのために必要な21世紀型スキルをアクティブラーニングで育成します。「徹底した基礎学力の習得」「問題解決型グループ学習」「高度な問題解決型の研究と成果発信」これらの3つのステージに沿って、発展的に学びを深めていく”知の種まき”を行います。「探究コース」新設の目的のひとつが、”プロジェクトマネジメント能力”の育成です。これは、チームに与えられた目標の達成に向けて、必要なものをバランスよく調整し、全体の進捗状況を管理する手法です。

Voice of Teacher

東京都市大学学長
三木 千壽

特別選抜類型「探究コース」に期待します。

東京都市大学塩尻高等学校で、特別選抜類型「探究コース」が始まりました。このコースは塩尻高校と東京都市大学との協働で運営されます。目標は、思考力、判断力、表現力、コミュニケーション能力を備えた次世代のリーダーの育成であり、グローバル化や国際競争に対応できる人材、国際舞台で活躍できる人材を輩出することにあります。

大学受験を最終目的としての学修は、試験の点数を高めるための断片的で、しかも受験科目に偏った知識の詰め込みになってしまいます。知識の詰め込みを学びとしてきた人、試験により篩い分けされてきた人には、ここで目指している人材像は想像もできないでしょう。むろん知識を獲得することは大切ですが、それを活用して、創造という行為で世界に発信する勇気や技術、積極性を育むことが極めて大切なのです。

高校時代は、個々の人材の資質・能力を引き出す最も重要な期間です。この期間の学校生活が将来を決めるといっても過言ではありません。この新コースでは高校と大学を接続した学びにより、それぞれの生徒の有する、優れている部分を見出し、それを最大限に伸ばします。

高校と大学の両者が理想とする教育の形が都市大グループ故にフレキシブルに実現できるのです。新しい学修コースにチャレンジする皆さんに大いに期待しています。