2019-04-06
行事

入学式を挙行

 桜のつぼみがほころび始め、暖かな春の日となった4月6日、2019年度入学式が行われ、真新しい制服に身を包んだ新入生の入学が許可されました。

 三浦校長の式辞に続き、東京都市大学 吉崎副学長他多数のご来賓の皆様から、「本校生として誇らしく胸を張って高校生活を過ごしてほしい」と、新入生にあたたかいメッセージが送られました。

 式を終え、新しい担任とのLHR、学級PTAが行われ、高校生活スタートの1日目が終了しました。

多くの保護者、職員が見守る中、新入生たちは緊張した面持ちの中にも、新しく始まる高校生活に期待を寄せた明るい表情が印象的でした。新入生の一人ひとりの今後のさらなる成長に期待します。