2021-04-07
行事

入学式を挙行

 桜の花が咲きほこる暖かな春の日となった4月7日、令和3年度入学式が行われ、真新しい制服に身を包んだ新入生の入学が許可されました。

 三浦校長は式辞の中で、「大勢の新入生を迎え、新型コロナ感染防止対策を徹底しながら、こうして入学式が挙行できたことはうれしいかぎり」と述べ、コロナ禍などの厳しい社会情勢に触れながら、「"Every cloud has a silver lining."(どんな雲にも銀の裏地がついている)という諺にあるように、どの雲の裏側にも太陽に照らされた明るい部分がある。どんな苦境も必ず好転する。苦しいこと、つらいことも乗り越えて、大きな夢や目標を持って前向きに進んでほしい」と励まし、新入生の本校入学を祝いました。

 式を終え、新しい担任、新しい仲間との時間を過ごし、いよいよ新入生たちの高校生活がスタートしました。

新入生たちは緊張した面持ちの中にも、新しく始まる高校生活に期待を寄せた明るい表情が印象的でした。

 新入生の一人ひとりの今後のさらなる成長に期待します。